お問い合わせ 四角形
お問い合わせ

ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)開発秘話②・・・二酸化炭素濃度と健康

2018-05-18

 現在、建築基準法では、居室の二酸化炭素濃度は1000ppm以下に抑えるという基準が設定されています。

なぜ1000ppm以下なのか?

それは、1000ppmを超えると、倦怠感、頭痛、耳鳴り、息苦しさ、疲労感などの症状につながる可能性があるからです。

 

体調不良

 

 

〇air-Unitを導入された住宅で二酸化炭素濃度を比較

 

 実際に、あるご家庭にて二酸化炭素濃度のモニタリングを実施いたしました。このご家庭は、新築住宅の在来工法で、特に気密測定をしておらず、高気密高断熱の家でもありません。ご夫婦の寝室にて、①給気口を閉じた場合と②エアユニットで給気した場合の、それぞれの二酸化炭素の濃度変化をモニタリングして、グラフ化し、実証評価しました。

 

その結果に唖然としました。

 

①給気口を閉じた場合→二酸化炭素濃度は最大で2980PPm
②エアユニットで給気した場合→二酸化炭素濃度は最大で918PPm

という結果になりました。建築基準法では、1000PPm以下ですから、気づかぬ間にいかに不健康な暮らしをされてきたのか、衝撃的な結果でした。

(グラフ化した結果)
①給気口を閉じた場合
20180518②

②エアユニットで給気した場合

20180518③

 

 

〇換気の重要性と課題

 

この結果から現代の高気密化の進む建物での換気の重要性は言うまでもありません。しかし、寒い、蒸し暑い、花粉やPM2.5が気になる!などの課題によって、一般的に多くのご家庭が冬や夏に給気口を閉じた生活をされているという現実があります。
 多くの皆様が体験されていると思いますが、キャンプに行った時など、朝の目覚めが最高に気持ち良いのは、まさに新鮮空気に満たされた空気環境だからです。これらの課題を解決し、皆様の健康的で快適な空気環境の実現に貢献できる新技術こそ新製品ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)であると考えております。

 

〇ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の詳細へのリンク

 

記事の続きはこちら

 ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)開発秘話①

 ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の性能

ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の性能

2018-05-18

〇エアユニットによる外気の温度調節

 

    エアユニットの開発には、2007年に開発実用化した次世代省エネルギーハウス、エコウィンハウスの24時間換気空調システムの特許取得済みの技術がベースになっています。弊社のエコウィンは冷暖房システムであり、空調メーカーとして空調の両輪である換気分野にも取り組む必要性を感じていました。そんな中、エコウィンハイブリッドの技術革新をベースにし、さらに進化させて実用化したのです。

 

エアユニットで快適に

 

20180518④

 

〇花粉やPM2.5への対策

 

その他に、推奨のシャッター付給気ファンを室内側の給気ユニットとして併用する事で、第三種換気を簡単に第一種換気に改善することができます。また、推奨する高性能フィルターを装備する事で、花粉症対策、日本国内はもとより、海外でも課題となっているPM2.5の除去などにも簡単に対応可能です。

熱源システムは、エコウィンハイブリッド同様にエアコン室外機とエアユニットを接続運用するシステムとなります。制約はありますが、エコウィンハイブリッドとの併用も可能!利用者の皆様にも簡単に運用できる画期的な製品です。(特許出願中)

 

ハイブリッド

 

 

 

 

〇最後に…

 

ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)は私たち現代人が抱える健康問題に直結した、換気における課題解決に貢献します。そして、外気処理した新鮮空気に満たされたライフスタイルを実現し、快適性向上による省エネルギーに寄与します。

健康快適で、より豊かな室内空気環境を実現できるコンパクトで高性能!高耐久!な外気処理ユニットecowin air-Unit(エコウィン エアユニット ※特許出願中)!がいよいよ2018年6月1日!世界に向けて国内先行発売となります!

 

エアユニットトップ

 

 

 

 

〇ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の詳細へのリンク

 

記事の続きはこちら

 ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)開発秘話①

 ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)開発秘話②

ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)開発秘話①・・・なぜエアユニットが誕生したのか?

2018-05-18

平成30年5月18日、
新製品であるecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)を発表しました。
本製品は、健康快適でより豊かな室内空気環境を実現できるコンパクトな外気処理※1ユニットです。

エアユニットトップ

 

なぜ、エアユニットが誕生したのか?それは現代の建物の高気密化に関係があります。
住宅では建築基準法にて24時間換気システムの設置が義務付けられています。
24時間換気の義務化から、国内で最も普及した24時間換気システムとして第三種換気※2があげられます。

第三種換気※2は、安価で、計画換気が確実に出来るという理由から、気密性の良い建築の普及と共に、住宅からマンション、ホテル、介護施設、オフィス、店舗など官民問わず広く利用されています。
しかし、自然給気口からは未処理の外気を取り込む為、課題もありました。

 

〇課題であった夏季・冬季の外気取入れ

 

第三種換気イメージ

 

第三種換気※2では、冬は冷たい外気が入り、夏は湿っぽい不快な外気を取り込むという課題があります。
そのため、24時間換気に必要な換気量を計算し適切な設備を設置しても、ユーザーが、給気口を閉じたり、換気量を抑えてしまうことにつながります。
その結果、室内空気環境が悪化(室内CO2濃度の上昇や、酸素濃度の低下など)した中で生活している世帯が多い現実がありました。

 

冷暖房と換気は常に表裏一体のもので、一体の空調であるべき要素でしたが、これまでは別々のものとして、計画、実施されていました。

 

この課題を解決すべく、第一種換気※3に全熱交換器を内蔵した24時間換気システムが実用化されましたが、
導入コストが高く、給気にダクトを用いなければならず、メンテナンスの問題や、汚染空気の一部が室内に戻るなどの課題もありました。

 

 

 

〇課題解決する画期的な換気システムecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の誕生

エアユニット

 

これらの課題を解決するために、試行錯誤の上、約3年の開発期間を経てecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)は開発されました。

本製品は、大型施設で義務化されている外気処理技術をエコウィンハイブリッドの技術(エアコンを熱源として活用したハイブリッド型輻射式冷暖房システム)で実用化し、

 

ハイブリッド

 

 

新築、既築問わず、戸建住宅、マンション等の一般家庭での採用から、業務用に至るまで、幅広い換気市場への展開を想定しています。新築のみならず既存建築にも後付けで設置可能!
今お使いのエアコンを熱源として利用することで、外気処理を実現!ダクトレスの簡単リフォームが可能になりました。

エアユニット図

 

※1 空調設備において、外気の温度を適度に調節して取り込むことを指します。
※2 機械によって強制的に排気のみを行い、給気は自然給気で行う換気システム。
※3 排気、給気ともに機械によって強制的に行う換気システム。

 

 

〇ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の詳細へのリンク

 

記事の続きはこちら

 ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)開発秘話②

 ecowin air-Unit(エコウィン エアユニット)の性能

熊本市より、熊本地震の復旧・復興への感謝状を頂きました!

2018-05-10

平成28年の熊本地震から2年目を迎え、熊本市より復旧・復興への
貢献に対しての感謝状を頂きました。

20180510113145

20180510113310

弊社のみならず、これまで救援や復興支援などの活動に尽力されている
方々に深く敬意を表します。
熊本地震に対して、全国の代理店さんからも温かいご支援を頂きました。
これからも、地元熊本から更に、広い地域へ貢献ができるように取り組んで参ります。

【農のオーベルジュ 白金の森】4月7日グランドオープン!

2018-04-09

【白金の森 4月7日グランドオープン】

設計事務所ロクスにてデザイン監修・設計・監理
輻射式冷暖房システムecowinHYBRIDを弊社にて担当した
【農のオーベルジュ 白金の森】が4月7日にグランドオープンいたしました!

熊日新聞の朝刊にて広告を掲載頂いております!

PDFはこちら

白金の森 4月7日新聞広告記事

白金の森

宇土市の西部老人福祉センターへecowinHYBIDを納入!

2018-03-29
 

熊本県宇土市の福祉施設「西部老人福祉センター」へ
ecowinHYBRIDをご採用頂きました!

西部老人福祉センターは60歳以上の市民の方を対象とした
福祉施設としてご利用いただいてる施設です。

宇土市は宇土市民体育館に大空間のエコウィンをご採用頂いた事例がありその省エネ性と快適性に大変ご好評をいただいき、今回の施設へのご採用となりました。

採用機種
【ホール】
ecowinHYBRID screenタイプ HS-W9 2台
壁掛け型エアコン(冷12.5kW/暖14.0kW)2SET

【大空間】
ecowinHYBRID screenタイプ HS-W9 2台
天井吊形エアコン(冷10.0kW/暖11.2kW)2SET

【ステージ】
ecowinHYBRID screenタイプ HS-W9 1台
天井吊形エアコン(冷5.6kW/暖6.3kW)1SET

【教養娯楽室】
ecowinHYBRID wallタイプ HW-W9 1台
壁掛け型エアコン(冷5.6kW/暖6.3kW)1SET

【事務室・健康相談室】
ecowinHYBRID wallタイプ HW-W6 1台
ルームエアコン(冷2.8kW/暖3.6kW)1SET

【読書コーナー】
ecowinHYBRID wallタイプ HW-W6 1台
ルームエアコン(冷2.8kW/暖3.6kW)1SET

代理店:出田実業株式会社
WEB:http://www.ideta.co.jp/
TEL:096-354-0111
パネル台数:計12台

 

29830041_1660872374002756_2050560510_o

29883687_1660872407336086_1971420116_o

29747357_1660872484002745_365001265_o

29693135_1660886157334711_292857815_o

 

山梨日日新聞にecowinHYBRIDを掲載頂きました!

2018-03-29

【エコウィン普及の地道な地球温暖化防止活動】
全国代理店のさくらグローバル様(http://www.sakura-global.co.jp/
のご尽力により山梨日日新聞さんにエコウィンハイブリッドを掲載頂きました。

私達のエコウィン普及による地球温暖化防止活動が
日本全国に広がっています。

29542893_2019290134765955_7820268402798174242_n

29542509_2019290138099288_143776993291282273_n

宇土市民体育館の愛称が4月1日より【エコウィン宇土アリーナ】となります。

2018-03-26

宇土市民体育館のネーミングライツ・パートナーとなり
4月1日より愛称が【エコウィン宇土アリーナ】となります。
災害時には本体育館が避難所として活用されます。

宇土市民体育館の先駆的な取り組みが自治体通信に取り上げて頂いています。
http://www.jt-tsushin.jp/interview/uto/

以下宇土市長元松茂樹様のfacebook投稿記事でのご紹介内容になります。

https://www.facebook.com/shigeki.motomatsu/posts/1224204971047020

4/1から宇土市民体育館の愛称が「ecowin宇土アリーナ」(エコウィン)になります。
宇土市と㈱エコファクトリー社の間で5年間の命名権(ネーミングライツ)契約を結びました。
同社は体育館の空調システム(エコウィン)の開発事業者でもあります。

県内自治体でのネーミングライツ導入は県民総合運動公園陸上競技場(えがお健康スタジアム)
熊本市民会館(市民会館シアーズホーム夢ホール)に次いで3例目。
契約金額は年150万円で、この資金はスポーツ振興に役立てる予定です。

また被災して改修が進められていた武道館もほぼ工事が終わり、間もなく使用が再開されます。
こちらにも市民体育館と同様に輻射式空調設備(エコウィンハイブリッド)を導入しており
災害時の避難所として活用されます。

 

29497447_1224204871047030_8310742482495997779_n

29570475_1224204917713692_6906800397250784475_n

29511432_1224204947713689_6665653210564649732_n

長崎県のM様邸へecowinHYBRID納入!

2018-03-22

長崎県の新築M様邸へecowinHYBRID screenタイプをご採用いただきました!

「30畳近い空間も5.6kWエアコン+エコウィンで快適空間になりました。」
と施工者様からコメントもいただきました。

採用機種:ecowinHYBRID screenタイプ 
熱源:ルームエアコン(冷:5.6kW 6.7kW)
代理店:WORKING WITH JOY㈱
http://hitokito.com/

29386389_1215188805281913_4843195669193687040_n

茨城県東茨城郡のY様邸へecowinHYBRIDを納入!

2018-03-14

茨城県東茨城郡のY様邸にecowinHYBRIDのscreenタイプを導入致しました!
お色味が壁や床とも非常にマッチしており、施主様にも大変気にいって
いただいております。

床暖房のように床材を選ばないecowinHYBRIDは無垢フローリングの
お宅にはなおピッタリで、こちらは冷房がメインでの導入検討でしたが
冬は輻射で床まで暖かくなるため
「茨城県内でも比較的冷え込むこの地域には良い選択だった!」
との声を頂いております。

採用機種:「ecowinHYBRID」screenタイプ(HS-W9)床配管仕様
熱源:ルームエアコン(冷房7.1kw/暖房8.5kw)
代理店:前野商事株式会社
WEB:http://maenoshoji.co.jp/eco-2/eco/
TEL:0294‐23‐0233 

 

DSC00178